老人ホームで働くメリット

看護師は病老人ホームといった施設は介護士が多く働いていますが、医療に関する処置ができないので専門家が必要になってきます。看護師は介護士に比べてその人数は少ないですが、介護の仕事をメインとせず、入所者1人1人を診て回れる余裕があるので、少人数で充分こと足ります。一概にはいえませんが、一般的に老人ホームと病棟勤務の働き方と比べると、その忙しさはだいぶん違ってきます。病院では看護師が患者の全てのお世話をしていくことになりますが、老人ホームでは入所者のお世話をするのは介護士なので、ひっきりなしに動き回ることはあまりありません。ときには、人材不足による忙しさで手伝うこともありますが、きちんと仕事が分類されていることが本来の施設のあり方です。しかし、介護を通して学ぶことは多くあり、スキルとして身に付くことにもなるのでそのメリットは大きいです。そして、24時間制となっていますが、夜勤が発生しない施設がほとんどです。メインとして夜勤は介護士が行うことになるので、家庭を持つ看護師にとっては働きやすくなります。夜勤があるとどうしても生活が乱れがちとなってしまいますが、それがないだけで負担も軽くなるので、老人ホームに転職する人も多くいるのです。しかし、このようなメリットがあるうえで、万が一のときの対応は的確かつ安全でなければいけません。医師が施設にいない場合も多いのでその正しい判断も求められるようになり、責任は重くなってきます。そういったことから、ある程度経験を積んだ人でなければ、ここでの勤務は向いていないのかもしれません。いろいろな現場で活躍してきた人こそ、その能力を大いに発揮していくことができるでしょう。これから需要が高まる現場で、自分のスキルを多くの人々のために活用してみてはいかがでしょうか。老年看護は、将来性のある看護師の求人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です